気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

朝比奈彩のロードバイクのメーカーとサングラスについて

   

スポンサーリンク

はじめに

9投身と言われるモデルの朝比奈彩さんですが、レギュラー番組を5本持つタレントとしても活躍しています。

そんな彼女ですが学生時代に打ち込んだ陸上では地元、淡路島で一番と言われる記録を持っています。

そして現在は新たにロードバイクに打ち込んでいます。

後半では朝比奈さんが使っている自転車のメーカーとサングラス、さらには大会の記録についても紹介していきます。

まずはプロフィールからご覧ください。

 

プロフィール

朝比奈彩

引用元:http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp707183

 

朝比奈彩さんは1993年10月6日生まれの22歳のモデル、タレントです。

本名は松瀬彩さんという名前で、苗字のみ芸名を使っています。

 

デビューは10代のモデルが多い中では21歳と遅めのデビューでした。

元々朝比奈さんは芸能界に入りたいという気持ちはあったものの両親の反対があったため高校卒業後は芸能界入りせず、助産師の助手として就職したそうです。

しかし諦めきれずに20歳の時に再度両親を説得し、上京することを決めました。

そうして2014年の10月に化粧品メーカーDHCの「シンデレラアワード」でグランプリを受賞し、Rayの専属モデルとして活動をスタートさせました。

身長は171cmで奇跡の9投身とも言われている抜群のスタイルの持ち主なので、グランプリも納得ですね。

※9投身の秘密については後ほど明らかになります。

 

現在はタレントとしても活動していて、なんとレギュラー番組5本担当している売れっ子さんです。

その5本の番組というのはお昼の情報番組「PON」、TOKYO MXの情報番組「週末めとろポリシャン」、深夜バラエティ番組「ヨソで言わんとい亭」、自転車を扱う番組「チャリダー」、格闘技を扱う番組「FUJIYAMA FIGHT CLUB」です。

最初の3つは情報番組ですが、後の2つのチャリダーとFUJIYAMAは朝比奈さんの趣味であるキックボクシングとロードバイクからキャスティングにつながった番組です。

 

趣味はキックボクシング、ロードバイク、ボルダリングとかなりアクティブな性格です。

しかしその一方で日課としてマッサージや反省ノートを書くということも習慣にしていて、努力と反省を繰り返すストイックなようで趣味にもかなり真剣に取り組んでいます。

ここからは真剣に取り組んでいるという陸上、自転車についてそれぞれ見ていきたいと思います。

 

学生時代の陸上の成績、記録

学生時代にば地元、淡路島で陸上に10年間打ち込んだそうです。

成績もなかなかのもので、淡路島の中では一番の記録を持っていたそうです。

気になる記録は、”兵庫県立州本実業高校(すじつ)”時代は100メートルは12、8秒、走り幅跳びは5m30cmだったそうです。

50メートルの記録で6,4秒というのは運動部に所属する男性でもかなり早いですよね。

9投身といわれるスタイルはこの時の厳しい練習によって培われたものかもしれません。

 

スポンサーリンク

チャリダーに出演、ロードバイクのメーカーとサングラスは?

学生時代は陸上に打ち込みましたが、現在打ち込んでいるというのが「チャリダー」出演にもつながった自転車、ロードバイクです。

使っているロードバイクのメーカーはピナレロという種類の自転車です。

ピナレロ

引用元:http://ysroad-yokohama.com/itemblog/2014/07/2015-4.html

 

ピナレロはプロで優勝するようなチームでも多く使っているメーカーです。

それだけスピードの速い自転車を作っているメーカーです。

しかしそれだけ良い自転車なので値段も298000円と少々高めです。

 

続いてサングラスについて見ていきたいと思います。

日中は日差しが強いので選手はサングラスをかけている方が多いですが、朝比奈さんはモデルさんということもありサングラスは20個近く持っているそうです。

ですがこの20個のサングラスはファッション用ということもあり、スポーツ用を新たに手に入れたそうです。

そのスポーツ用のサングラスというのが、メジャーリーグで活躍しているイチロー選手も愛用しているという「オークリー」というものです。

このオークリーは、軽さやフィット感が優れているのはもちろん、長時間かけていても目に負担がかからないという特徴もあります。

ロードバイクは長時間に渡るスポーツなので、目に優しいサングラスというのは必須ですね。

 

ロードバイク「ピナレロ」とサングラス「オークリー」という一流の装備を揃え、朝比奈さんはロードバイクの大会にも出場しました。

佐渡島の大会ではなんと130kmという長距離も完走しました。

この佐渡島の大会について朝比奈さんは、

「70~100kmが一番しんどかった。坂が特に辛くて景色が同じだからカメラが回っているのに何もしゃべれなかった」

とコメントされています。

しかし振り返ってみると、達成感があり参加して良かったと陸上に打ち込んできた朝比奈さんらしい締めくくりでした。

 

朝比奈さんの地元である淡路島にもロードバイクの大会があります。

「淡路島ロングライド150」というもので、海沿いの瀬戸内シーサイドと山岳路を走る、海と山が組み合わさったコースで全長は150kmです。

佐渡島より20km長いレースですが、朝比奈さんの地元ということもあり練習をしていつかは挑戦してみたいと語っていました。

 

まとめ

・奇跡の9投身と言われている。

・高校時代に打ち込んだ陸上は淡路島と一番といわれるほどの成績だった。

・その時の記録は100mは12,8秒、走り幅跳びは5m30cm。

・9投身の秘密は高校時代に打ち込んだ陸上のおかげか。

・現在はロードバイクに打ち込んでいる。

・ロードバイクはピナレロというプロも使っているメーカーの自転車を使用している。

・サングラスはイチローも愛用する長時間使っても疲れないというオークリー。

・全長130kmという佐渡島の大会に出場し見事完走した。

・地元の淡路島にも150kmの大会があり、練習をしていつかは出場したいと語っている。

 

スポンサーリンク

 - 女性芸能人