気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

モデルのペコの会社名は奥平建設で羽曳野市にある?

      2016/07/02

スポンサーリンク

はじめに

最近読者モデルをテレビで見かけることが増えましたね。

そんな読者モデル界のカリスマとも呼ばれるペコさんですが、ネット上では太った、ブサイクなどとあまり良い評価ではありません。

それは太ったからなのか、元の顔がかわいくないからなのか卒アルやすっぴん画像を参考に検討したいと思います。

 

また220坪ほどの豪邸に住んでいる彼女の家庭環境についても紹介していきます。

そんな会社名は何なのか、どんな会社なのかについても調べました。

まずはプロフィールからご覧ください。

 

ペコ(オクヒラテツコ)のプロフィール

ぺこ

 

原宿で10代の女の子に絶大な人気があるペコさんを今回は取り上げたいと思います。

1995年6月30日生まれの20歳です。

 

彼氏がりゅうちぇるさんで、お二人とも読者モデルで付き合ってることも公表しているペコさん。

付き合うキッカケになったのは、当時一緒にアパレルショップで働いていたことだそうです。

本名は、奥平哲子(おくひらてつこ)さんです。

 

最近はきゃりーぱみゅぱみゅさんなど渋谷や原宿の女の子の活躍が増えましたね。

昔に比べ、そういった女の子の力が大きくなってきているのかもしれません。

読者モデルもモデルではありますが、付き合ってることを公表される方が多いのがモデルとは違う特徴かもしれません。

こういったさらけ出された一面も現代の世の中でウケている理由かもしれません。

 

藤田ニコルさんという方がいるのですが、その方とペコさんの違いが分からないほど似ていると感じるのは私だけでしょうか。

意外と知られていませんが、高校生のときに、吉本興業に所属していました。

そこで、つぼみというユニットに所属してさくらんぼという名前で漫才コンビを組んでいたそうです。

 

そのあとに、読者モデルになり、原宿の神様と称されるほどまで有名になり、現在の形となりました。

ペコという名前の由来は、「てこ」のことを「ぺこ」だと勘違いしたことから来ているそうです。

 

スポンサーリンク

会社名は奥平建設で羽曳野にあるのか?

彼女の実家は220坪で、間取りでいうと10LDKという驚きの豪邸です。

さらに家の中も豪華なもので、ペルシア絨毯(じゅうたん)が500万円、ピアノも500万円、

車は当然ベンツやロールスロイスという超高級車があり、会社を経営しているといってもかなりやり手の会社を経営していると見てよさそうです。

 

会社と共に住まいは大阪にあるそうですが、なぜこのような豪邸に住んでいるのかというと、

おじいちゃんが建設関係の会社を創業して、現在もぺこさんの家族で経営しているからだそうです。

 

そのため、ネットでは「建設関係の会社」と「奥平」という名字を頼りに皆会社名を割り出しにかかっています。

松原市にある奥平工業や、豊中市、羽曳野市というキーワードもありました。

 

一番彼女の会社の噂で多いのが会社名に名前が入っている松原市説ですが、

羽曳野市というのは、中学、高校と通っていたのが羽曳野市内の学校でした。

 

引っ越しをしていないとしたら、中学校で電車を使うというのも考えづらいので、羽曳野市(はひびきのし)というのが一番可能性が高いですね。

豊中市に関しては確かに大阪の地名ですが、奥平という名前の建設会社はなく、裏付けが少ないため信憑性は低いです。

 

最近太ってブサイクになったといわれているが、現在の体重は?

最近太ったのではないか?とツイッターなどネットで話題になっています。

確かにデビュー当時の写真と見比べてみると、少しふくよかになった気がします。

 

モデルさんの大半は体重を公表していませんし、事務所でもはっきりした数字は公表していません。

しかし、さすが読者モデルさん。

2014年頃のブログで、40kgから50kgの間だと自ら暴露されていました。

 

その当時からも少し丸くなったような気もしますので、この時から5kgほど増えているのかもしれません。

とはいえ、身長も158cmでそれくらいの体重なら、世間の女の子と変わらない位ではないでしょうか。

やはり、テレビに出ているモデルさんは痩せている方が多いですので、そことの対比を見てしまうと太っているようにも映ってしまうかもしれません。

そうはいっても世間と比べて太ってはいませんが、太ったというのは事実だと思います。

 

これからどう活動されていくのかにもよると思いますが、モデルさんとして活動されていくのであれば、やはり比べられてしまいますので、痩せていかなければならないかもしれません。

そうではなく、きゃりーさんのように、タレントや歌手、女優など活動を広げていかれるのであれば問題ないかと思います。

ペコさんが人気になった理由というのも”自己プロディースが上手い”らしいですし、

読者モデルさんもとてもたくさんいらっしゃる中で、トップモデルとして神様だと言われていたほどですから、かなりの腕前の持ち主だと思います。

これからも上手く自らをプロデュースして芸能界でも活躍していけるのではないでしょうか。

 

すっぴんはかわいいのか?

ネット上ではブサイクという声も挙がっているペコさん。

このブサイクだというのは太ったせいなのか、元の顔がかわいくないからなのかすっぴんを見てさらに検証したいと思います。

まずはすっぴんの画像を見てみましょう。

 

ペコ、すっぴん

引用元:http://idobatakaigi0510.com/1605.html

 

あまりすっぴんとメイク後は変わりませんね。

続いて昔のペコさんの卒業アルバムを見てみたいと思います。

 

ペコ、卒アル

引用元:http://fiowertrend.com/6615.html

 

学生時代は学校の校則もあったかと思いますが、雰囲気が違います。

原宿系の見た目ではなく、清楚系の路線のペコさんは新鮮ですね。

この写真のオクヒラテツコさん、ペコさんはかわいいとネット上でも評判になっています。

 

原宿系が特別好きではないからかもしれませんが、私は原宿系よりこの時の方がかわいい気がします。

前髪を切りすぎたでおなじみの三戸なつめさんも同じ原宿系ですがかわいくないと言われています。

※三戸なつめさんが前髪を切りすぎた理由、前髪を伸ばした時の写真についてはこちらをご覧ください。

このことから考えると、独特なファッションの原宿系は一般人からかわいくないという印象を与えるのかもしれません。

 

卒アルからの変化をブサイクになったと捉えるならば、

結論としてはブサイクだと言われるのは太ってしまったことと原宿系にした影響だと考えてよさそうです。

 

まとめ

・ペコの本名はオクヒラテツコ。

・ペコさんの家は会社を経営していて、実家はなんと220坪もあるという豪邸に住んでいる。

・その実家がどこにあるのかとネット上では割り出しにかかっている。

・会社名や通っていた学校を頼りに、松原市、羽曳野市、豊中市の3つの説がある。

・松原市にはペコさんの名前の入った「奥平工業」がある。

・羽曳野市にはペコさんが通っていた学校がある。

・豊中市はペコさんの住んでいた大阪の地名だが、それ以外の裏付けはなく根拠が薄い。

・電車で中学に通うとも考えにくいため、実家は羽曳野市である可能性が一番高い。

・読者モデルの神様とも言われるペコだが、ブサイクだと言われている。

・原宿系は三戸なつめもいるが、同じく可愛くないと言われていて、一般人ウケが悪い。

・ブサイクだと言われる原因は太ったことと原宿系の見た目によるものだと考えられる。

 

スポンサーリンク

 - 女性芸能人