気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

石焼き芋でおなじみ、湘南デストラーデの由来と小梅太夫との関係について

   

スポンサーリンク

はじめに、「アメトーーク」パクりたいー1ランプリ出演

アメトーークのパクりたいー1グランプリに2014年の9月に出て、「石焼き芋」のネタで話題になった湘南デストラーデさん。

約3年ぶりとなる7月1日のアメトーークで永野さんたちと再びの登場となります。

そんな湘南デストラーデさんのコンビ名の由来や、石焼き芋の他にどんなネタがあるのか。

後半ではもう一つのブレイクのキッカケになった小梅太夫さんとの関係についても紹介していきます。

それではまずはプロフィールからご覧ください。

 

プロフィール、コンビ名の由来

湘南デストラーデ

引用元:http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp725336

 

湘南デストラーデはSMA HEET Project所属のお笑いコンビです。

お笑い芸人は吉本興業や人力車、松竹芸能といった事務所が有名ですが、SMAは音楽で有名なソニーの芸能部門です。

この事務所には湘南デストラーデの他に、丸腰アキラでおなじみのアキラ100%や「冷やし中華」で大ブレイクしたAMEMIYAさん、ハリウッドザコシショウさんなどが所属していて、ピン芸人がかなり活躍している事務所です。

 

コンビ名の由来は、かっこいいからというとてもシンプルな理由でした。

時代に革命を起こす、デストロイの意味合いがあるのかと思いきや「かっこいい」という深い意味は考えずに決めたそうです。

芸人さんはけっこう面白いコンビ名考えるのかと思いきやそうでもないようです。

他のコンビ名の由来についても調べたところ、アメトーークの雨上がり決死隊はRCサクセションの「雨上がりの夜空に」が好きだからという理由だったり、くりぃむしちゅーは好きな食べ物、さまぁ~ずが好きな季節が夏だったという理由など、

好きなものをコンビ名にするというのが多いみたいですね。

 

湘南デストラーデは2009年デビューの7年目で同期の芸人は、あばれる君、ヒューマン中村、ブランケット、うしろシティ、ブランケットなどがいます。

ピン芸人のブレイクが目立つ世代ですね。コンビでの活躍は今のところ先輩芸人が多いこともありまだ難しいようです。

 

湘南デストラーデの受賞歴としては、歌ネタ王決定戦で3年連続で準決勝に進出されていたり、「THE MANZAI」の認定漫才師、最新のものでは去年の漫才新人大賞で優勝されています。

 

ここからはメンバーの紹介をしていきます。

岡本亮さん(写真右、小さい方)はツッコミを担当されています。

変わった写真を撮るのが趣味で、ピン芸人「まいぱん」時代には撮った写真でネタをしていました。

 

相方の吉田尚さん(写真左、大きい方)はボケ担当です。

世界地図や国旗を見るのが趣味で、岡本さんと同じく趣味をネタに反映されています。

 

ネタ、石焼き芋

街で一度は聞いたことのある石焼き芋の歌。

「石焼き芋~♪」は有名ですが、湘南デストラーデのネタでは後をアレンジしたネタになっています。

ボケの吉田さんが石焼き芋の車を運転しながら石焼き芋のメロディーに乗せて、絶対に言わないであろう歌詞で歌い、相方の岡本さんは車を追いかけながら、歌詞にツッコむというネタです。

歌詞の自由度が高くマネしやすいため、アメトーークではザキヤマさん、フジモンさんにもマネされました。

 

基本的にネタはコントを中心にしていて、他には「ベイダー先生」、「ドラマ」、「ギャンブル」といろいろあります。

ベイダーはかなりファンたちの間で人気があり、幼稚園の新しい先生がダースベイダーで紙芝居をしてくれるものの「シューシュー」と言って大事な所が全く聞き取れないネタです。

 

小梅太夫との関係、テベ・コンヒーロについて

湘南デストラーデさんが話題になるキッカケに小梅太夫さんとの共演が話題になりました。

小梅太夫さんとはコンビを組んでいたわけではありませんが、ロンブー淳さんが司会を務める「テベ・コンヒーロ」という番組で「小梅太夫で笑った芸人は即引退」という企画がありました。

小梅太夫さんは面白くない芸人で、笑ってしまうようなら引退してしまえというもので、様々な手を使ってコウメさんが出演者を笑わせようという内容でした。

 

最初の方はコウメさんがピンでおなじみの「チクショー」のネタだったのですが、後半で突然湘南デストラーデのツッコミ岡本さんと2人で現れ漫談が始まりました。

ネタの内容は「チクショー」とはそれほど変わらないもので、コウメさんがボケて湘南デストラーデの岡本さんがツッコむというものでしたが、二人が現れた時が一番ウケるという出オチという形になりました。

 

他にアメトーーク「パクりたい-1グランプリ」に出演していた芸人については以下のページをご覧ください。

200%シリーズでおなじみのインポッシブル、ヘイッでおなじみのサッチ

 

まとめ

・2009年デビューの7年目で、同期はあばれる君やヒューマン中村がいる。

・SMAという珍しい事務所に所属していて、ハリウッドザコシショウやAMEMIYAといったピン芸人が強い事務所。

・一番有名なネタは、石焼き芋。

・自由度が高いネタでアメトーークでパクりたいー1グランプリでパクられた。

・テベ・コンヒーロで小梅太夫さんと共演して話題になった。

・デストラーデの岡本さんがツッコみ、コウメさんがボケるというもので、結果的には出オチだった。

 

スポンサーリンク

 - お笑い芸人