気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

ショウタッカーの実写版は矢柴俊博ではなく、大泉洋に決定。

      2016/05/26

スポンサーリンク

 

鋼の錬金術師の実写版はいつなのか、なぜ今なのか

「鋼の錬金術師」は2001年から9年間の間、少年ガンガンで連載されていた漫画で2003年にはアニメ化もされました。

原作が終わってからすでに6年が経ちましたが、実写版の公開が発表されました。

公開されるのは2017年の冬を予定しているようです。

 

なぜ原作が終わって長いこと経った今頃やるのか?という疑問がありますが、

過去にも原作が終わってしばらくしてから作られた映画は少なくありません。

たとえば、「タッチ」や「寄生獣」、「宇宙戦艦ヤマト」なんかが何年も前にアニメで放送された作品が近年になって実写化されました。

今回もそんな流れですが、共通しているのは名作であることですので、今回も実写化が楽しみであります。

 

キャストについて

公開は来年とだいぶ先の話ですが、すでにキャストが発表されました。

主役には過去に「暗殺教室」でも主演を務めたことがあるHeySayJumpの山田涼介さん。

ウィンリィ・ロックベル役に本田翼さん、

ショウタッカー役には、大泉洋さん、

ハクロ将軍には小日向文世さん、

などが選ばれています。

 

鋼の錬金術師は有名な作品でしたので当然話題になっているんですが、

その話題になったのが主役の山田さんでもなく、ショウタッカー役の大泉洋さんでした。

では、ショウタッカーとはどんなキャラクターなのか見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ショウタッカーというキャラクターについて

ショウタッカー

引用元:http://neoapo.com/characters/9084

 

優しそうな顔をしていて、気弱で性格も真面目なキャラクターです。

大泉さんといえば「水曜どうでしょう」などバラエティ番組に多く出ているイメージからも真面目で気弱なイメージとはかけ離れています。

鋼の錬金術師ほどの人気作品ですので原作やアニメ版を知っている方は実写には厳しかったりしますが、今回の大泉洋さんのキャスティングに対しても疑問の声が挙がっています。

その代わりに見た目やキャラクターで適任だといわれる俳優がいました。

 

ショウタッカー実写

引用元:http://okutta.blog.jp/archives/2198211.html

それがこの方、矢柴俊博(やしば としひろ)さんです。

 

ショウタッカーに適任、矢柴俊博とはどんな人なのか?

確かに見た目なんかはソックリですね。メガネ垂れ目なところが優しそうなイメージもピッタリです。

この矢柴俊博さんを一度は見たことがある方も多いと思いますが、あまり詳しくは知らないと思います。

 

矢柴さんは1971年生まれの44歳です。

過去の代表作には「電車男」や「救命病棟24時」、「宇宙戦艦ヤマトの実写版」などがあります。

特技はパントマイムに野球選手の形態模写だったりと大人しそうな方に見えて、意外と気さくな方なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 - 未分類