気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

田中彩子のソプラノの評価、評判はどうなのか?

      2016/06/07

スポンサーリンク

はじめに

このページでは、ソプラノ歌手でオペラ歌手でもある田中彩子さんを取り上げ、

「美人すぎるソプラノ歌手」と言われる彼女が、

かわいくて美人なだけなのか?ソプラノの実力もスゴいのかについて

さらには海外での彼女の評価、評判について検証していきます。

それではプロフィールからどうぞ。

 

田中彩子のプロフィール、結婚しているのか?

田中彩子

引用元:http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp686011

 

田中彩子さんは1984年生まれの2月23日生まれの32歳のソプラノ歌手です。

※音域にはバス、テノール、アルト、ソプラノとありますが、ソプラノは最も音域のことです。

田中さんは一番高い音域を歌うソプラノ歌手の中でも高い音域を歌うことから「ハイ・コロラトゥーラ」と呼ばれているそうです。

 

美人すぎるソプラノ歌手といわれる彼女ですが、結婚はまだされていないそうです。

海外で生活されていてあまり情報がないかこともありますが、彼氏の噂もありません。

生活されているのが日本ではなく海外なので、海外ではモテないんでしょうか。

海外の外国人は皆鼻が高かったり、目元がくっきりしていて、美男美女の印象ですよね。

だから海外では田中さんもそれほど美人として認識されていないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ソプラノの評価、評判は?

ここからは彼女の実力についての本題に入っていきたいと思います。

音楽の本場といえばヨーロッパのウィーンがまず浮かびますが、

その本場での彼女の評価、評判はどうなんでしょうか。

 

その前にヨーロッパに行く前の、日本での彼女の評価についても見てみたいと思います。

彼女がデビューされるキッカケはピアノの先生の助言です。

田中さんは元々ソプラノ歌手になりたかったわけではなく、ピアニストをなろうとしていたそうです。

レッスンの中でピアノだけではなく、発声レッスンもあったそうなんですが、

そのレッスンで彼女の声を聞いた先生が「100年に1度の逸材」だと感じたそうです。

 

そのこともあり、田中さんにはピアニストではなくソプラノ歌手を目指すように助言したそうです。

彼女の日本での評価は先生という音楽の専門家の目から見ても100年の逸材と言われていたそうです。

では、海外での評価を見ていきましょう。

 

先生の助言があり10代の頃から本場ウィーンへ単身で声楽を学びに行ったそうです。

そして彼女の声質に加え、テクニックを身につけたことで22歳にはベルン市立劇場でのソリストデビューをされました。

 

この22歳というのがスゴいことで、この劇場でデビューされた他のヨーロッパ人も含めて22歳は最年少だったそうです。

また日本人ではソリストは日本人では初だったそうです。

そのため海外でも評価、評判は高いようです。

※ソリストとは「ソロ」、つまり単独で演奏するという意味だそうです。

 

このことからもヨーロッパでも史上最年少という記録を打ち立てる偉業から、

世界で通用するソプラノ歌手だということが分かりました。

ぜひこれからも日本人の誇りとして海外で活躍するソプラノ歌手として活動してほしいと思います。

 

まとめ

・田中彩子さんは結婚はしておらず、彼女の噂もない

・22歳でソリストデビュー

・22歳はヨーロッパでも最年少で、日本人初で海外でも彼女の評価、評判は高い。

・10年以上もソプラノ歌手として海外で活躍されていることからも実力は本物。

 

スポンサーリンク

 - 女性芸能人