気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

雑誌「Vivi」の谷まりあを嫌いな理由と父親について

      2016/06/23

スポンサーリンク

はじめに

2016年4月号から雑誌「Vivi」の専属モデルになった、谷まりあさん。

彼女の父はパキスタン人でハーフなのですが、父親はどんな人なのでしょうか。

また、早稲田大学に通っていてハーフの美人という彼女が一部で嫌われている理由についても紹介していきます。

まずはプロフィールからご覧ください。

 

雑誌「Vivi」の専属モデル谷まりあ、実は早稲田大学文学部

谷まりあ

引用元:http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp512019

 

谷まりあさんは1995年7月28日生まれの20歳のモデルです。

雑誌「Vivi」の専属モデルとして、2016年の4月号から活動しています。

 

また現在芸能活動をしながら、早稲田大学に通っているというインテリタレントでもあります。

今後クイズ番組にも出演することがあるかもしれませんね。

 

卒業した高校も千葉県にある専修大学松戸高校という学校で、こちらも偏差値が70を超えるかなりの難関高校でした。

この学校の校庭は全面人口芝で、テニスコートも3面あるなど、優秀な学生たちが集まることもあり、施設もかなり力を入れています。

この学校の卒業生には、タレントの山本梓さんや俳優の仲村トオルさんなどがいます。

 

父親について

谷さんは父親はパキスタン人で、母親が日本人のハーフです。

確かにはっきりした顔立ちが日本人離れしていますね。

父親がどんな人なのか調べましたが、彼女自身がまだそこまで有名ではないためパキスタンだということ以外は一切情報がありませんでした。

 

パキスタンといえば南アジアにある国ですが、南アジアのハーフには美人の人が多いです。

テレビで現在引っ張りだこになっているローラさんがバングラデシュのハーフだったり、長谷川潤さんがインド系アメリカ人のハーフ、アヨナ万華さんという9頭身という抜群のスタイルのモデルの方もインドのハーフです。

 

嫌われている理由は?出川ガールについて

勉強が出来て、ハーフの美人という谷さんですが、一部で嫌われています。

嫌われる大きな原因となった番組に「イッテQ」での出来事がありました。

 

バラエティ番組「イッテQ」の番組内で、英語の苦手な出川哲郎さんが海外で現地の外国人に英語で話しかける企画があります。

英語の苦手な出川さんだけでは不安なので、帰国子女など英語が話せる女性を「出川ガール」として同行することになっています。

アルカトラズの回で、谷さんは出川ガールとして出川さんに同行しました。

※出川ガールには谷さんの他に、河北麻友子さん、松井絵里奈さん、北川弘美さんなどがいます。

 

番組が始まり、始めは出川さんが外国人に話しかけるのをロケバスから見守り出川さんの英語力を確認しようというものでした。

出川さんのやりとりのグダグダに会場は大盛り上がりだったのですが、同行者の谷さんは少しイライラしていました。

ちょっとこの時点で視聴者にとっては気分が悪かったかもしれません。

 

そんな流れをある程度見守った所で谷さんが助けに出川さんと合流しました。

そうしてアルカトラズの街を街ブラしました。

なのですが、この道中で出川さんと谷さんは完全にタメ口で会話していました。

同じ南アジアのハーフのローラさんもタメ口ですが、谷さんのタメ口は初めて見る人には不快だったかもしれませんね。

 

タメ口とイラついているシーンは谷さんのことを知らない視聴者にとっては、

彼女のことを嫌いになるキッカケになったかと思います。

 

まとめ

・早稲田大学の文学部に通っているらしい。

・高校も偏差値70を超えるといわれている松戸高校だった。

・パキスタン人の父親と日本人の母親のハーフ。

・残念ながら父親がどんな人なのかは彼女がまだそこまで有名ではないため情報がない。

・パキスタンや南アジアのハーフには美人が多い。

・谷さんが嫌われる大きなキッカケとなったのは、イッテQの出川ガールとしての出演。

・この番組内でイラついているシーンだったり、タメ口で話している所が視聴者にとって不快だったのでは。

 

スポンサーリンク

 

 - 女性芸能人