気になるあの人はどんな人

初めて見るけど、この人どんな人?を解決するサイトです

原宿駅前パーティーズの田谷菜々子の塩対応【世界ベスト・オブ映像ショー】

   

スポンサーリンク

はじめに。世界ベスト・オブ映像ショー出演。

このページでは世界ベスト・オブ映像ショーに出演することが決まっている、原宿駅前で活動する原宿駅前パーティーズのメンバー、田谷菜々子さんを紹介していきます。

原宿駅前パーティーズとはどんなグループなのか、

そして田谷さんが前に所属していたスマイル学園についても紹介してきます。

 

また後半では塩対応と言われる彼女ですが、ファンにとっての田谷さんの魅力とは何なのかについて明らかにしていきます。

それではまずはプロフィールからご覧ください。

 

原宿駅前パーティーズとは。元スマイル学園

田谷菜々子

出典:http://lineblog.me/h_ekimaeparties/archives/1053747.html

 

田谷菜々子(たや ななこ)さんは、2001年1月7日生まれの15歳のアイドルです。

2000年以降に生まれたアイドルが活躍する時代になりましたね…。

 

原宿駅前パーティーズというアイドルグループのメンバーとして活動しています。

※原宿駅前パーティーズで活動する前はスマイル学園というアイドルグループで活動していたこともありました。

 

スマイル学園は、「世界中を笑顔にして、未来に豊かな地球を残す」というコンセプトのアイドルグループです。

10歳の時にデビューして、4年間はここで活動していました。

田谷さんの他には、平沼ファナさんや飯田ゆかさんなどが所属していました。

 

最終的にはモデルになることが夢だそうです。

目標の芸能人として西内まりやさんを挙げていて、たくさんの人に憧れられたいとコメントされていました。

 

原宿駅前パーティーズには少しAKB48と似ている所があります。

AKB48同様、グループ専用の劇場で活動しています。

「原宿駅前ステージ」という原宿駅前にある劇場で、お客さんは100人入ります。

ステージ設計がかなり凝っていて、光るステージやランウェイがあり、それを囲む形で客席が並んでいます。

 

グループが4チームあり、田谷さんは原駅ステージAのメンバーです。

※他のチームは、「原宿乙女」、「ピンクダイヤモンド」、「ふわふわ」という名前。

変わったチーム名が多いですね。

 

チーム分けはレギュラーと補欠といった優劣があるわけではなく、各チームそれぞれ特徴があります。

原宿乙女は、モデル志望の女性が集まっていて、

ピンクダイヤモンドは、アクロバットが得意でボーイッシュな格好をしています。

ふわふわは、ふわふわ衣装で王道のアイドルチーム、

そして原駅ステージAは、本格的なダンスボーカルのチームです。

 

各チームに持ち歌があり、曲名もチームらしいものになっています。

ふわふわだと「恋のレッスン」や「ミルフィーユ」といったかわいい名前、原駅ステージAだと「Rockstar」や「Let's Breakin' Out」などかっこいい名前の曲が多いです。

 

これまでにCDは二枚シングルをリリースしていて、売り上げは5位(デビューシングル)と8位(セカンドシングル)になっています。

一枚目からトップ10入りしていて、二枚とも10位以内というのは良いスタートですね。

100席あるグループの劇場での公演は毎回満員となっていて、さらには30倍という倍率だそうです。

 

スポンサーリンク

ヒルナンデスなどバラエティ番組でのブレイクにも期待

しかしチームとしての知名度はAKB48には程遠く知らない人もまだまだ多いのではないでしょうか。

平日お昼のバラエティ番組・ヒルナンデスでは、「イマドキの原宿を知ろう」という企画で、案内人としてはピッタリな原宿駅前パーティーズがナビゲーターをしていました。

 

放送当時(なぜか2015年のクリスマスだった)のツイッターを確認してみると、この放送をキッカケで彼女たちを知った・好きになったという人が多くいました。

原宿は全国的にもかなり注目度が高く、テレビで扱われることが多いので、こういったバラエティ番組をキッカケに知名度が上がっていくことも期待出来そうです。

 

塩対応

塩対応といえば、ぱるることAKB48の島崎遥香さんが思い浮かびますが、田谷さんも塩対応と言われることが多いようです。

※塩対応とは、ファンに対してそっけない・愛想のない接し方をすることです。反対語は「神対応」で、ファンを大事に熱心に対応する人のことを表します。

そして、対応が塩だということは自他共に認識しているようです。

 

彼女は常連のファンに対しても特別扱いをしなかったり、メンバー内で特別ダンスや歌がうまいわけではないそうですが、彼女のファンたちは、モデルという夢を目指して一直線に頑張っている姿や芯がしっかりしていて、ストイックな所に惹かれるそうです。

 

田谷さん自身は塩対応について人見知りということを理由に挙げていました。

そのためファンに対して感謝の気持ちがあるにも関わらず、うまく伝わらないのではないそうです。

しかし大人しい子なのかと思いきや、気の知れたメンバーと楽屋などにいるときは皆と騒いだり、食べ物でテンションが上がるなど本当は明るい女の子だそうです。

 

まとめ

・原宿駅前パーティーズで活動する前はスマイル学園で活動していた。

・最終的にはモデルになることが夢。

・これまでにリリースした2枚のCDは1枚目からトップ10入りしていて、2枚とも10位以内というのは良いスタートですね。

・ヒルナンデスでは、原宿を案内するナビゲーターとして登場した。

・原宿をテーマとしたバラエティ番組の企画などがキッカケのブレイクも期待できる。

・人見知りのため塩対応になってしまう。

・仲の良いメンバーや好きな食べ物を食べる時にはテンションが上がる。

・ファンたちはモデルという夢に一直線に頑張る姿やストイックな所に惹かれている。

 

スポンサーリンク

 - アイドル